Rue・de・pied(リュードゥピエ)で心も身体も健康になりませんか。

足圧とは

■足圧の歴史
日本における健康法には仏教の伝来以降日本の各地に禅僧によってもたらされたあんま、指圧、整体等の技法があります。
「足圧健康法」は、日本が発祥地で数百年前に福井県の永平寺の修行僧が修行で疲れた体をほぐしあう時に、修行で合掌した手を使わずに足を用いたとの口伝があるとのことです。
現在では、治療としてではなく、病気に至る前に未然に防ぐ未病医療として、健やかなる生活を送れるようアレンジされています。

■なぜ足?
足圧では足の裏でお客様の全身の筋肉をほぐしていきます。
足の力は手の力の何倍もあります、足の裏・指先・側面を巧みに使い分けて
深い場所の筋肉をほぐして「自然治癒力」を高め、血行不良やリンパの流れを改善していく療法です。
また足の広い面で筋肉を捉えるため、痛さや揉み返しが少ないのが特徴です。

■効能は?
肩こり・腰痛・頭痛・血行促進・むくみ・自律神経の安定・疲労回復・睡眠不足などに効果があります。